コインチェックとビットフライヤーに口座を作り仮想通貨投資大損

仮想通貨

仮想通貨投資で大損した

この体験談を書いた人
ニックネーム:ほそ
ご住所:愛知県
性別:男性
年齢:34歳

投資に興味を持つ

私は昨年夏頃から投資に興味を持ちました。

今は給料もなかなか上がりませんし、このままでは将来が不安でした。

幸い夫婦共働きで住宅ローンも一段落し、貯蓄も少々あったため、まず手始めに株式インデックス型でアメリカ経済に広く浅く投資する商品を少々購入しました。

2017年は相場も良好で、買ってすぐ含み益が発生したこともあり、すぐに投資にはまりました。

仮想通貨に手を出す

投資した商品はローリスクローリターンだった商品だったこともあり、すぐに物足りなくなってしまいました。

今思えばここで満足しておけばよかったのですが、ちょうど話題になっていた仮想通貨に興味を持ちました。

調べてみると仮想通貨の相場は爆発的に上昇しており、億り人、とばれる仮想通貨で1億円以上の資産を作った人たちがパラパラと出始めた頃でした。

ホームページや雑誌などを読み、コインチェックとビットフライヤーに口座を作りました。

11月ごろ、コインチェックを介して仮想通貨に投資を始めました。
コインチェックを選んだ理由は、取り扱っている通貨が多かったこと、チャート画面が見やすかったからです。

コインチェックはみなし業者で金融庁の認可を受けていませんでしたが、あまり気にすることもありませんでした。

仮想通貨は発展途上であり、あまりたくさん投資すると危険である、と様々なところに書かれていたため最初は5万円分ビットコインを購入しました。

絶好調だったビットコイン投資

コインチェックでビットコインを購入後、すぐに含み益が出ました。

コインチェックは売買手数料が10%以上取られることもあり頻繁に売買するとすぐ手数料負けするのですが、手数料を取り返してもおつりがくるほどの含み益がすぐにでました。
しかし、その後すぐにビットコインは頭打ち資産は横ばいになりました。

資産が増えなくなったことにしびれを切らした私は、価格の変動を利用したうねり投資を始めましたが、手数料負けし資産はどんどん目減り、一時期4万円を切ってしまいました。

ビットコインからアルトコインへ

そこでアルトコインとよばれるビットコイン以外の仮想通貨、リップル、ネム、ライトコインなどを購入することにしました。
アルトコインはビットコインと比べ一枚当たりの単価が安く、大量に購入することができました。
また、ビットコインと比べ発展途上であったため、まだ価格が上昇すると考えたからです。
この考えは見事に当たり、4万円を切っていた資産は大幅に上昇、いっきに20万円まで増えたのです!
もしかして自分も億り人になれるのでは?
と考え、なかなか寝付けなかった日もありました。

しかしその後すぐ、仮想通貨の相場は下降するようになりました。

このころ世間では仮想通貨のバブル崩壊の危機が囁かれていましたが、リスクを取らないと資産も増えない、と考え下がり相場であるにも関わらず、さらに15万円を一気にコインチェックの口座にいれ、投資するタイミングを淡々と狙っていました。

資産の減少、そして・・・。

その後相場は下げ止まらず、ジリジリと資産が目減りしていく日々が続きました。

しかし一度あの急上昇を経験してしまった私はあの時の興奮が忘れられず、またすぐにあがるだろう、という全く根拠のない自信持ち続け、そのままにしていました。

その後、あのコインチェックハッキング事件が起きました。

アルトコインの一種類、ネムだけがハッキングにより流出した事件ですが、口座はすぐに凍結され仮想通貨だけでなく、日本円も凍結されてしまい下せなくなってしまいました。
また、仮想通貨の取引が凍結されている間に、相場は大暴落し、大きな含み損を出してしまいました。

その時発生した含み損はもちろん今でも取り返せているはずもなく、資産に穴をあけてしまいました。

学んだこと

今思い返せば、引き返すポイントはいくつもあったと思います。

リスキーな仮想通貨に手を出したこと、保証のないコインチェックで口座を作ったこと、ビットコインではなくさらにリスキーなアルトコインを購入したことです。

しかし一番の失敗は、じりじりと相場が下がり有識者たちが警告を出して危ないといわれていた時、さらに追加で15万円を投資したことだと思っています。

資産を増やすために投資をしているのであれば、発展途上のよくわからないものに大金をつぎ込んではいけないということを学ぶことができました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする